注文住宅の資金調達で注意すべきこととは?

注文住宅の資金調達で注意すべきこととは?

家屋を購入する際の資金調達の方法は住宅ローンの利用が一般的です。しかし、注文住宅の場合は、住宅ローンのみの利用では対応できないこともあるので注意が必要です。住宅ローンは返済の担保として購入家屋に抵当権を設定するので、住宅が完成していることだけでなく、引き渡しを受けていることも融資の条件です。建物の引き渡しを受けて所有者として登記することで抵当権設定が可能になります。注文住宅の場合は、引き渡しの前に建物建築費用の一部や土地取得のための資金が必要です。この段階では建物は完成すらしていないので、抵当権設定登記が不可能で融資も実行されません。土地購入や建築工事着工に必要な資金を調達するには、住宅ローンとは別に融資を受ける必要があります。借り入れ後は二つの借金を平行して返済していくのではなく、後から実行される住宅ローンによって既に実行されている融資を返済するので、注文住宅引き渡し後の返済は住宅ローンのみになります。

注文住宅は様々な事を相談しながら決められる

新築の一軒家を購入するにあたり、選択肢は大きく分けると2つ挙げられます。第一にあげられるのは分譲住宅で、こちらは出来上がっている家か企画されていてこれから建てられる家ということになりますが、企画がありますので自分で考える事は殆ど有りません。選択肢もない分迷うことはあまりないですが、予算に合った家と場所や間取などです。一方注文住宅は一から全て考えていく事になるので大変かもしれませんが、出来上がった時の満足度はかなり高くなります。担当者と相談や打ち合わせをすることも求められますし、そこで上手く伝えることが出来ればそれを形にしてもらえるので安心です。まずは会社を決める事から始めていきます。口コミ評判なども参考にしたり、より親身になって相談や打ち合わせをしている会社を選ぶ事をお勧めします。