みんなが憧れてやまない住まい!注文住宅の基本知識やコストカットのコツなどを紹介!

マイホームを実現するなら注文住宅が良い。
そう考えている方は多いものです。
一見大きな金銭的負担のかかるマイホームですが、家づくりの基本知識やちょっとしたテクニックで経費を減らすことが出来ます。
当サイトではそんな豆知識やコストカットのコツを掲載しました。
上手な土地の探し方や、経費に関わるお得な情報もあります。
自分の理想の家を作り上げるためにも、必要な知識を手に入れてスムーズなお家づくりが出来るようにしましょう。

みんなが憧れてやまない住まい!注文住宅の基本知識やコストカットのコツなどを紹介!

お洒落で便利な注文住宅には憧れるもの。
ですが最新設備を導入したり外壁などにこだわることで、経費は大きく膨らみます。
コストカットの基本知識は、まず注文住宅そのものの延床面積を小さくすることです。
さらに、家そのものに装飾を施したりすることは、経費がかかります。
注文住宅はシンプルであることが、実はコスト削減の基本知識となるのです。
間取りをシンプルにしたり、収納ペースを減らすことや水回りをまとめることも注文住宅の経費を少なくします。

とにかく段取りが多くて煩雑になる!注文住宅は着工の一年以上前からスケジュールを組もう

既成のハウスメーカーのプランを選ぶよりも、注文住宅を建てる場合の準備は非常に複雑です。
特に土地探しから始める場合には、1年半程度の時間的な余裕を持つことが重要です。
事前に宅地分譲も手掛けるハウスメーカーに相談すると、土地がない場合でもスケジュールの構築が容易になります。
しかし自宅を取り壊して注文住宅を新築する場合でも、着工までに1年ぐらいの準備期間を確保するべきです。
ゆとりのあるスケジュールにすると、途中で建築プランを変更した場合でも予定通りに住まいを完成させることができます。
とりわけ子供が生まれたり成長したのを機会に新築する場合には、将来を見据えて建築プランを考えるのが望ましいです。
アドバイスが丁寧なハウスメーカーと契約を結ぶのが、理想の住まいの実現への近道です。
そして少しでも工事期間を短縮したいときには、自社一貫施工の会社を選ぶことが大切です。
シンプルな間取りの設計にすると、マイホームの実現もかなり楽になります。

注文住宅の見積もりは複数社のハウスメーカーから相見積りを取ろう!

家を建てるとなるととても大きなお金が動きますし、依頼先も慎重に決めなければなりません。
最初から依頼先が決まっている場合には、どのような注文住宅を建てたいのかを詳細に伝えることで見積りを出してくれますので、まずは相談することが大切ですが、まだ依頼先の絞り込みもできていない段階なら複数のハウスメーカーから相見積りを取るのが一般的です。
複数の会社の声をかけるのは失礼に当たるのではないか、知られたら対応が悪くなるのではないかと心配する人もいますが、何も分からないまま一社に絞り込むのはリスクが高すぎますので避けなければなりません。
注文住宅というと決める部分がたくさんあり、出された概算を見るだけでは把握できないケースもあります。
その場合はあいまいな点をそのままにせず逐一質問してその結果を反映させたデータをもらうことで、より具体的な予算を決めることができます。
同じ条件で出してもらえば、比較もスムーズです。

注文住宅は資金調達も重要!頭金などに充てられる自己資金を明確にしておこう!

注文住宅を建築するときには数千万円以上にのぼる予算を用意する必要に迫られます。
ハウスメーカーや工務店などには施工費用を支払わなければなりませんが、巨額の現金を自前ですべて調達するというのは例外的で住宅ローンを利用するのが一般的です。
とはいえすべてを住宅ローンで賄うとなると、月々の返済資金が大きな負担になるので無理のない返済計画を前提にすることが要求されます。
建築資金を確実に用意する一方で無理のないローン返済を実現する上でポイントになるのは、頭金としてある程度まとまった現金を自己資金で用意することです。
頭金は注文住宅の総費用の内、現金で充当しておくためのものです。
自己資金を建築費用などに充当することで、住宅ローンの金額を圧縮することができ、毎月の返済金額を無理のない金額に収めることが出来ます。
しかし病気や災害など非常事態時にはある程度の余裕がないと、困ることになるので非常出費用の資金は別途確保しておくのが賢明です。

費用がかさむ注文住宅は住宅ローンの緻密なシミュレーションも大事!

注文住宅のローンは、複数の種類に分かれています。
自分たちの世帯がこれからどうなっていくのかをシミュレーションして、それにマッチする借り方を選ぶことが重要になるのです。
最もオーソドックスなのは、単独債務になります。
夫もしくは妻だけが借入れをし、団体信用保険の契約者が死亡した場合は残りの返済を免除されるのです。
ただし単独債務では妻の口座から110万円以上の頭金を支払い、夫の名義で契約した場合は妻から夫への贈与が成立し、贈与税の対象となります。
また連帯保証と連帯債務はワードが似ているので、混同しないようにしましょう。
連帯保証は夫婦のどちらかが借入れをして、配偶者が保証する形態になります。
そして連帯債務とは1棟の注文住宅に対して、2人の名義で借入れをすることができるのです。
税の優遇に関しては、借入額の負担割合にもよりますが夫婦が別々に控除を受けることができます。
それぞれのメリットとデメリットを天秤にかけて、住宅ローンの返済プランをシミュレーションしていきましょう。